A Remark You Made

a0091515_8424826.jpg吉田修一 『ひなた』 (光文社文庫)

そんな熱心な読者ではないが最近の作品は悪く言えばソープオペラのような、ちょっとましに言えばWOWOW制作の連続ドラマのように簡単に設定や関係だけでなく画柄まで思い浮かんでしまう。昔のような薄皮を剥ぐようなひりひりぴりぴりとした感触が薄れてしまった気がする。
それでもやはりうまい。途中でもうこの次は読むまいと思うのだが読み終わるといつかまた新しい作品を読むのだなあと思う。
小さい頃からドッグイアだらけ色鉛筆で線だらけにしてしまうのだが、この文庫本もそうなってしまっている。

by costellotone | 2012-03-06 08:44 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/14807049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< いい日旅立ち 今日が青く冷えてゆく東京戦略は... >>