読まずに死ねるか!

a0091515_829088.jpg又吉直樹 『第2図書係補佐』 (幻冬舎よしもと文庫)

お笑いコンビ「ピース」の著者がテレビ『アメトーーク!』の「読書芸人」に出演した時に、「キレキレの時」は開いた本の中に顔からズブズブと入って行き頭がズッポリと埋もれてしまう。だから後頭部の上の方でページをめくっている、と言っていたのを聞いて、さもあらんと思ったのだった。

僕が読書にはまったのは高校1年の時で、それ以来何冊の本を読んだのだろう。人よりも多い方だと思うが、、この本に紹介されている中の1/5しか読んでいない。みんな読んでしまいたい。未だ死ねない。死んでからも読んでいたいのだが出来るかしら。閻魔様に頼んでみようか。血の海で背泳ぎしながら、針の山で爪先立ちで読むのだ。

by costellotone | 2012-03-26 08:32 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/14927824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ただ青い空の青さを知る お父ちゃんの弱虫ー >>