生きていくためには、すべてを自分のせいだと思わなければならないの。

a0091515_721116.jpg石井光太 『レンタルチャイルド 神に弄ばれる貧しき子供たち』  (新潮文庫)

先の『スラムドッグ$ミリオネア』のバックであるインドの路上だ。旧名ボンベイ今ムンバイ。
文字を追いながら見えないもの、匂い、温度、感触、それらから来る感覚を想像しながら読まないと単なる情報になってしまう。と言って想像以上の驚きはないのだが、だからこそ現実は空気となって風景となって立ちはだかる。
絵柄は思い描けるがそこには立てないだろう。

by costellotone | 2012-11-28 07:27 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/16877634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 悲しみの世代 It is Written >>