帝国の逆襲

017
a0091515_7424024.jpg恩田陸 『六番目の小夜子』 (新潮文庫)

娘が小学生の頃に教育テレビでこのドラマを放映していたのを録画していたのだが観てはいなかった。
狂犬、竜巻は無理があるし、黒川先生も説得力に欠ける。
が、やはり恩田の学園ものはノスタルジックで読み物としてわくわくし、切なくもある。
演劇を題材にすることが多いが、いつも何処でも学校自体が集団劇の「ハコ」だから。
「サヨコ」はテレビでは栗山千明が演じていたが、僕らの世代では絶対山口小夜子だろう。亡くなってしまった「サヨコ」。切れ長の目。

by costellotone | 2013-03-12 07:54 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/17444070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< わたしの屍体に手を触れるな 想い出ラーメン >>