デイヴィッド・コパーフィールド

028
a0091515_1831813.jpg筒井康隆 『壊れかた指南』 (文春文庫)

今日は「ガケ書房」と「竹岡書店」と「銀林堂」へ行ってそれぞれ1冊ずつ本を買って帰った。
先日鈴木卓爾監督が泊まりに来た時に平沢進の曲を聴いていたらある学生が『パプリカ』を読んだと話し始めた。しばらく筒井の小説を読んでいないなあと思いこれを読んだ訳だ。
単なる短編集ではなかった。それでもよかったのだが。
最後の3篇で何を言いたかったのか。『耽読者の家』『店じまい』『逃げ道』で。
やはりたまに筒井の本を読まなければならないな。

by costellotone | 2013-03-25 18:17 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/17509939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Lilly 7 美幸ちゃん >>