裏を見せ表を見せて散る紅葉

034
a0091515_22463219.jpg出口京太郎 『巨人 出口王仁三郎』 (天声社)

孫による「大本」教祖伝。
学術的にも読み物としても興味のあるものではない。
「相手にわれこそは王仁三郎に最も愛された、好かれたというような気持ちをいだかせる。自分が王仁三郎にとって必要な人間なのだ、という自信を持たせるのである」と言う件は若松さんを想い出してしまった。

by costellotone | 2013-05-13 22:55 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/17783930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< みえるまでみている空 ダーリン、ダーリン >>