にんげんもまた獣なのねとしみじみわかる夜もあった

040
a0091515_21362858.jpg『茨木のり子の家』 (平凡社)

「恵文社」で建築デザインの本を立ち読みしていたら見つけたので購入。
このひとの「現代詩文庫」を読んだのもやはり高校生の頃だった。
簡素にデザインされた美しさは乱雑さをも包み込んで清々しい。
こう言う光の中で撮影された映画を観たい。

by costellotone | 2013-06-11 21:42 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/17934689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 至聖三者 紫陽花が、突然枯れました。 >>