外のふくらみ

a0091515_9191235.jpg「芸術新潮」の特集がつげ義春だったのでこの機会にみんな読みなおそうと思う。
エッセイも含めてほとんど読んでいるがとりあえず「ちくま文庫」の「つげ義春コレクション」を買って来た。
40年ぐらい前に最初に読んだ時にも懐かしさを感じたのだからほんとうに作品ひとつひとつ、登場人物ひとりひとりがとても懐かしい。あの感じ、あの欲情が懐かしく思われるのだ。

by costellotone | 2014-01-07 09:24 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/19310416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Blue Leo ケッチャムはべつとして >>