二人して、行けるところまで行きましょうよ

016
a0091515_1628225.jpg河野多恵子 『みいら採り猟奇譚』 (新潮社)

空襲下のサドマゾキズム。
さすがに谷崎の弟子です。ちょいとお隣さんへ何がしを託に行く際も、背中の窪み辺りの模様を想い出し汗ばんでしまう。その時が真夏の日差しの溢れる中であっても、敵爆撃機が空の彼方でひとつだけ煌めいていても、あの絹の紐をそっと引っ張りたくなり、心ならずも掌を握る動きに立ち止る。ましてや貰い物の生きた蛸を塩もみする場面では。
彼女は何かに向い、「おゆるしください。ほんの十秒」と念じて紐をひいた。

by costellotone | 2014-02-27 16:39 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/19512562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 富嶽三十六景 風信子 >>