そして僕は途方に暮れる

017
a0091515_2174092.jpg森功 『黒い看護婦 福岡四人組保険金連続殺人』 (新潮文庫)

平山秀幸監督がテレビで撮ると言うので読んでみた。
笑う他ないような稚拙な嘘を信じるのは信じた方が楽になるから。所詮本人だけが客観性を持ち得ない。繋がりようのない回路が単純に結ばれて腑に落ちるから。想像力を封じ込めるには楽な道を選ばせるのが最適。小さな小さな世界へ想像力を縮小させて行きそこでしか生きられないようにする。言葉と恐怖と快楽で閉じ込めて行く。
犯罪のように顕現化されなくともこの世界、社会全体がそうなって行っている。その中でしか生きられない。
ちょっとつぶやく。「楽したいよな~」

by costellotone | 2014-03-06 21:21 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/19539279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< こいさん、頼むわ。 博多っ子純情 >>