未来予想図

023
a0091515_8123929.jpg本間正人・松瀬理保 『コーチング入門』 (日経文庫)

先日読んだ『ファシリテーション入門』からの流れ。
著者の本間さんは僕が務めている大学の講師で何度かお話したことがあるのだが、どうも嘘っぽい雰囲気がある。演じていると言う気がして仕方ない。そんな懐疑的な目でいつも接しているのだがコロッと騙されてしまう。モチベーションを上げられてしまう。やはりこう言うものは洗脳なのだ。手品とか魔術なのだろう。かつての呪術から戦争(殺人)の「やる気」、「自己開発セミナー」まで脈々と受け継がれる「生きる」ためのマジックなのだ。はまってしまった方が楽だから。ひとは楽な方を選ぶから。一生懸命努力して苦労する方が精神的には楽な場合も多いし。やっているから大丈夫と言う安心感も大きいし。宗教もいっしょかもね。信じる者は救われる。

by costellotone | 2014-03-13 08:24 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/19561668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 義血侠血 佐助、嬉しい。 >>