やさしさに包まれたならきっと目にうつる全てのことはメッセージ

033
a0091515_1646373.jpg筒井康隆 『銀齢の果て』 (新潮文庫)

スラップスティックなシルバー・バトル・ロワイアルだ。
地球に優しく、自然に優しく、お年寄りに優しく、子供に優しく、障害者に優しく、被害者に優しく。なんて偽善的なことばかり言っていると果ては殺し合いしかなくなってしまうと言う仮説。リアルで恐怖の仮説なのだ。
果たして仮説で済むのか。これからが見ものだが、僕はそこまで生きてはいないだろう。だからみんなどんどん優しくなってくれ。

by costellotone | 2014-04-26 16:52 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/19721153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夏をさがして 太鼓たたいて笛ふいて >>