日にち薬

055
a0091515_11454369.jpg川上未映子 『ヘヴン』 (講談社文庫)

このひとの作品を読むのは3冊目だが一番読みやすく、また解りやすかった。だからおもしろくなかった。
いじめと自殺は理解出来ない。僕にはだけど。理解出来ないからこそ人間の根源に関わる問題があるのだろうとは思う。理解出来たからどうなるのかも解らない。戦争とか殺人も同じだろうし、愛するとか自由とかも同じかも知れない。
哲学するには日本語では無理らしいが他にも言語によって解釈出来ないことって多くあるのだろう。
でもこれを読んで何かが変わるひとがひとりでもいればそれ充分。

by costellotone | 2014-09-19 11:55 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/20209934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Rewind The Film The Happy Soldier >>