レコード棚から-1

埃を被ったレコード棚から引っ張り出してくる、今回が第1回目。

CHARLES MINGUS(チャールズ・ミンガス)-CHANGES(チェンジズ) ONE&TWO (1974)
a0091515_21175578.jpg

ジャズ界の偏屈者とされていたチャールズ・ミンガスの後期の大傑作。ONEとTWOの2枚ある。
TWOの最後の曲「FOR HARRY CARNEY」のスリリングなイントロが好きで何度も繰り返して聴いていた。
有名な『直立猿人』や『ミンガス・プレゼンツ・ミンガス』よりも、線が太く直線的な編曲のこちらの方が心地よかった。
最近ジャズと言えば日本の「PE'Z」とか「SOIL & “PIMP” SESSIONS」しか聴こえて来ないのは、プロモーション・ビデオが音楽情報のほとんどを占めてしまったせいか。
週間FM雑誌にチェックを入れていた頃が懐かしい。
by costellotone | 2006-10-21 22:02 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/4545970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日の料理 野沢菜のスパゲティー こころはビセンテ・カルデロン >>