泣かないで、ルース。ただのエディとママじゃない。

ジョン・アーヴィング原作の映画5本は全て駄作、と熱狂的なアーヴィニストは言っています。
警告してやりましょう。ただの映画なんだからと。
a0091515_19534482.jpg
ジョージ・ロイ・ヒル監督 『ガープの世界』 (1982)
ロビン・ウィリアムズ メアリー・ベス・ハート


a0091515_19562924.jpg
トニー・リチャードソン監督 『ホテル・ニューハンプシャー』 (1984)
ジョディ・フォスター ロブ・ロウ ポール・マクレーン


a0091515_19571611.jpg
マーク・スティーヴン・ジョンソン監督 『サイモン・バーチ』 (1998) (原作『オーエンのために祈りを』)
イアン・マイケル・スミス ジョセフ・マッゼロ


a0091515_19573756.jpg
ラッセ・ハルストレム監督 『サイダーハウス・ルール』 (1999)
トビー・マグワイア シャーリーズ・セロン マイケル・ケイン


a0091515_1958185.jpg
トッド・ウィルアムズ監督 『ドア・イン・ザ・フロア』 (2004) (原作『未亡人の一年』)
ジェフ・ブリッジス キム・ベイシンガー ジョン・フォスター




映画『ガープの世界』は主演の役者が、小説の主人公は自分だと思っているのが間違い。
映画『ホテル・ニューハンプシャー』は原作の暴力的な要素がしっかり描かれていないから、全体的に透明な悲しみのモードが漂って来ない。現実を見下ろすホテルで執筆するリリーは何を書けばいいのか。
映画『サイモン・パーチ』は一番ヒドイ。何でラストの設定を変えてしまったのか。それでは何のために母親目がけてボールが飛んで来るのか解らないではないか。
映画『サイーダーハウス・ルール』のマグワイアは何でどの映画でも同じようにおたおたしているの。
映画『ドア・イン・ザ・フロア』は原作の前半だけで作ってしまった作品だが、アムステルダム殺人事件も含めてのテーマでしょうが。

あー、すっきりした。

ジョン・アーヴィングのファンサイト、『J・アーヴィングによると世界は。』によると、
アンケートでは、アーヴィングの小説で好きな第1位は『ガープの世界』で、好きな映画も同じだそうです。

『熊を放つ』はぜひ翻訳者に映画化してもらいましょう。
『ウォーターメソッドマン』はウディ・アレンに。
『サーカスの息子』はラース・フォン・トリアーに、カメラを背負って撮ってもらいましょう。もちろんロープの上で。
『158ポンドの結婚』と『第四の手』ははっきり言って誰でも。

「父さんが熊を買ったその夏、ぼくたちはまだ誰も生まれていなかった―種さえも宿されてはいなかった。」と書かれた『ホテル・ニューハンプシャー』の冒頭の1行こそが、ジョン・アーヴィングの世界のテーマだと、かの熱狂的なアーヴィニストは言っています。(しかし熊のナスターシャ・キンスキーはとてもよかった、とも。)
by costellotone | 2006-12-10 21:15 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/4824458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Don't Drea... レコード棚から-15 >>