父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる。

055
a0091515_9353216.jpgオリヴァー・ストーン監督 『エニイ・ギブン・サンデー』 1999 米
アル・パチーノ デニス・クエイド キャメロン・ディアス ジェイミー・フォックス


『プラトーン』や『7月4日に生まれて』などを撮ったひねくれた監督がどうしてこんなありきたりのストーリーを作ったのか。
サッカーを人生にたとえたのはオシムだが結局全てのことは何にでもたとえることが出来るのだろう。その1インチを仲間でもぎ取るのは戦争でも同じなんだからそのための誇りも神様の微笑もくそくらえだ。人生においては勝者よりも敗者にこそ価値があるんじゃなかったっけ。

P.S. 僕の唯一のアメフト観戦は1976年国立競技場での第1回ジャパンボウル。
by costellotone | 2009-03-29 09:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://costello.exblog.jp/tb/8116331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜がまた来る思い出つれて 今日の料理 シュウマイ >>