<   2009年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

自由に歩いて愛して

037
a0091515_10513139.jpgワレリー・プリエムイホフ監督 『ぼくたちでなければ』 1998 ロシア
エフゲニー・クライノフ アルトゥル・スモリヤニノフ ワレリー・プリエムイホフ


凸凹コンビの少年、街角で歌うジプシーっぽい歌、妙なロックの挿入歌、稼ぎを強奪されたり酔っ払いの元刑事らしきおっさんとの出会い、デパートを襲撃して逃走したり捕まって裁判になり矯正施設に入れられたり転校先でかわいい女の子と会ったり、といろいろなことが起こるのだが。
ロシア映画と言う興味もあって途中までは期待したが結局は尻すぼみであっけにとられる終わり方で終わってしまった。劇場未公開。

by costellotone | 2009-02-28 10:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

朝礼台の上雪が降りつもってあの娘の顔を

国立は雪になりました。
a0091515_1193061.jpg


今日は子どもの学園祭。
雪の中でバンドは何を演奏するのだろう。
by costellotone | 2009-02-27 11:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

虹をわたって

036
a0091515_94685.jpgセディク・バルマク監督 『アフガン零年 OSAMA』 2003 アフガニスタン・日・他
マリナ・ゴルバハーリ モハマド・アリフ・ヘラーティ ゾベイダ・サハール


監督には失礼だがなまじ演出した分薄っぺらく感じてしまった。
イランの『石油地帯の子たち』『少女の髪どめ』『太陽は、ぼくの瞳』『サイレンス』『私が女になった日』などみな子どもが印象的だったがこの作品も主人公の少女の顔は記憶に残るだろう。
(しかし子どもを使った方が描きやすいのは解るが安易過ぎないか)

by costellotone | 2009-02-27 09:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

人生は大いなる暇つぶし

遅まきながらやっと昨日領収書の整理に着手。
a0091515_9131752.jpg


1ヶ月ほど前にHDDを取り替えた当初はブラウザの表示や処理等がビュン速だったが、
その後どんどんと重くなり、いろいろと対処したが解決されなかった。
a0091515_9162117.jpg


しかし昨日の午後突然軽くなり速くなった。
こんなに快適だったのか。
別に何かをした訳ではなかったのに、何なんだろうね。
by costellotone | 2009-02-27 09:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)

復讐するは我にあり

035
a0091515_9165720.jpgパク・チャヌク監督 『オールド・ボーイ』 2003 韓
チェ・ミンシク カン・ヘジョン ユ・ジテ チ・デハン オ・ダルス


先の『父と暮せば』の舞台とスクリーンを=で結ぼうとした演出的失敗に比べ、コミックと映画のミクスチャー・モードを映像+スピード(編集)+ユーモア(演出)+音楽+演技でねじ伏せた。加えて演劇のレトリックも多分に応用されたことも成功の要因。
はなからリアルもモラルもへったくれもない。しかも内容がないことも考えなければ充分におもしろかった。
うまく騙されたのなら、エンドロールから父と娘の血のホラーが始まるはずだ。もしかしてアルカディア外伝。
役者はみなよかった。中でもチ・デハン、オ・ダルス、キム・ビョンオク。

by costellotone | 2009-02-26 09:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Maybe It's Impossible

034
a0091515_904354.jpgフレデリック・シェンデルフェール監督 『スパイ・バウンド』 2004 仏・伊・スペイン
ヴァンサン・カッセル モニカ・ベルッチ アンドレ・デュソリエ


つまらないと言うより酷い。

by costellotone | 2009-02-25 09:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 大根の梅サラダ

大根の梅サラダ

a0091515_9441979.jpg

a0091515_9444779.jpg
① 梅ドレッシングを作る。梅干4個分の実を細かくたたく。小さなボールに梅とみりん大1、酢大1、醤油大1、ごま油小1、レモン汁小1、和風だしの素小1を混ぜ合わせる。
② 適量の大根を少し太めの千切りにし水に放つ。
③ 5分ほどして大根がしゃきっとしたらざるに上げ水を切り梅ドレッシングであえる。

※ 梅ドレッシングはきゅうりの輪切りのサラダやカイワレ、レタス、海藻などにあえても。
※ あれば水菜やしそも加える。
※ あれば盛った上に鰹節、きざみ海苔、炒りごま、小口切りしたわけぎなどを乗せる。
by costellotone | 2009-02-24 09:47 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ヒロシマの音

033
a0091515_9343520.jpg黒木和雄監督 『父と暮せば』 2004年 日
宮沢りえ 原田芳雄 浅野忠信


演劇のレトリックをそのまま映画のモードにシフトしても目の前の生身の人間の発する動きやセリフの臨場感がないのだから映画の表現としてはほころびが出来てしまう。結果違和感が残る。信憑性がないように思えてしまう。
加えて映像として見え過ぎるのだ。カメラ機材とかフィルム素材とか現像技術とかが発達したおかげでみんな綺麗に写る。細部までよく見えてしまう。加えてデジタル処理も革新的に向上した。見えないものも見せることも可能だ。ヒロシマ上空で爆発した原爆も再現出来る、かのよう。撮影だけではなく照明も美術も同じだ。背景や小道具、結髪やメイクも技術が向上した分映像の信憑性は薄くなってしまった。録音だってそうだ。ひとつひとつの音像がクリアになってまるで空気を伝わって来ていないかのよう。
どんなものを見せても、膨大な死を孕んだ匂いや嫌でも纏わりつく淀んだ空気が、光の熱さや雨の冷たさが伝わらない。血の熱さや冷たさがない。そんな映像が想像力を超えることは出来ない。まして映像が想像力の妨げになってはならない。
「こまつ座」の舞台を観ておけばよかった。これは芝居のレトリックだ。

by costellotone | 2009-02-23 09:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)

朝日のようにさわやかに

朝6時。
MJQではなくFMからキース・ジャレットの「マイ・ソング」が流れた。
a0091515_92875.jpg


仕込み17:00 室温26℃ 水温28℃ 食パン捏ね上げ温度25℃
分轄4:00 室温14℃ 食パン16℃
a0091515_934219.jpg


P.S. 荒戸源次郎の映画にも『朝日のようにさわやかに』と言うタイトルがあったっけ。
by costellotone | 2009-02-22 09:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

The First Cut Is The Deepest


a0091515_9345624.jpgSheryl Crow - Tuesday Night Music Club (1993)

このアルバムでグラミーの新人賞などを獲得し以後グラミー常連に成り上がったシェリル・クロウが火曜日の夜に仲間と楽しく作ったデビュー・アルバム。
アメリカ中西部でカントリー・ミュージックを聴いて育ったであろう垢抜けない田舎娘がここにいる。
未だスターにほど遠い素朴なシンガー・ソングライターだったからこその音楽がここにある。
ギターを背負った姿がさまになる、もっともアメリカらしい女性歌手の出発点。

by costellotone | 2009-02-20 09:41 | 音楽 | Trackback | Comments(8)