<   2011年 09月 ( 51 )   > この月の画像一覧

I Thought About You

a0091515_19225665.jpg昨日の「笑っていいとも!」でやっていた「産地の食べ方」のレシピで夕食を作る。

イカと大根おろしを混ぜてご飯にのせる「北海道のスルメイカ」と、男爵イモをソーメン仕立てで食べる「北海道ようていのじゃがいも」の2品。
あと味噌とマヨネースと砂糖でたれを作る「長野県八ケ岳高原のレタス」を作ろうと思ったのだが、レタスがなかったので水菜に替える。

当然どれも朝採りではないので評価は微妙だった。

「笑っていいとも!」のHPの木曜日のコーナーから過去のレシピをクリック。

by costellotone | 2011-09-30 19:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

All Of You

未だ方々でセミが鳴いているが毎年こうだっけ。
a0091515_1919512.jpg


今年はいろいろと心配事が多い。
a0091515_19195576.jpg


何て言っている内が花なのか。
by costellotone | 2011-09-30 19:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

For Your Life

a0091515_1151171.jpg


a0091515_11515282.jpg


by costellotone | 2011-09-29 11:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アマポーラ (Amapola)

262
a0091515_9471255.jpgテオ・アンゲロプロス監督 『エレニの旅』 仏・ギリシャ・伊
アレクサンドラ・アイディニ ニコス・プルサディニス ヨルゴス・アルメニス


テオの作品はほとんど観ているがこれは初めてだった。が何時も通り映画の秘密に満ちた不思議な作品であることに変わりはない。何よりも美しい。
ある意味編集と言う僕の仕事は映画の秘密をめぐる冒険であるのだが、そのヒントがプレゼントのように散りばめられている。ただ僕の作業はそれらを集めて吟味して仕分けて抽出して、なおかつ言葉に変換しなければならないので難しい。もうひとつ。これには他人の眼差しの検証が欠かせないのだ。
例えば、何頭もの羊の死骸が吊るされた大きな木が現れるが、他人はどう解釈するだろう。どうしても知りたい。

P.S.1 この作品抜きで僕のテオのベストテン。①蜂の旅人 ②アレクサンダー大王 ③旅芸人の記録 ④こうのとり、たちずさんで ⑤シテール島への船出 ⑥永遠と一日 ⑦狩人 ⑧霧の中の風景 ⑨ユリシーズの瞳 ⑩再現

P.S.2 テッサロニキは行ってみたい街のひとつ。高校生の頃からその言葉の響きが残っている。このひとたちオデッサから逃れて来たってファースト・カットで言ってたっけ。そのルートを行って風景を見てみたい。
by costellotone | 2011-09-29 09:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)

FUN×4

Now Playing
a0091515_2015582.jpg


by costellotone | 2011-09-28 20:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

She Could Drag Me Over The Rainbow

a0091515_805378.jpg


a0091515_18593776.jpg


by costellotone | 2011-09-28 08:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Right Between The Eyes

京都方面からの指令で急遽ToDoの③を今日中にすることになった。
a0091515_6474451.jpg


講義中に廻しておいたビデオが2時間半分あり、これを聴き取りながらまとめ始めたのだが、
こんなにとりとめのない話しぶりで伝わったのだろうかと心配になってしまった。
by costellotone | 2011-09-26 06:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)

It's Whatever

261
a0091515_62782.jpg山本起也監督 『カミハテ商店』 2011
高橋恵子 寺島進 深谷健太 あがた森魚 水上竜士 平岡美穂 ぎぃ子 飯島大介 よこやまよしひろ


先月末にMAが終わった時点でのDVDを受け取ったので改めて見直す。自分が編集した作品だし未だ時間も経っていないので客観的に観れないのだが。(観ることに客観的と言うのはあり得ないのだが、そこを何とかしようとするのが編集と言う仕事)
もう少し間口を広くした方がテーマが重い分取っ付きやすかったのかなと思う。例えばコミカルな役回りの人物がいたり、性的な描写があったり、町民の暮らしである漁業がエネルギッシュに描かれていたり。と言ってもそれぞれがちょっとしたことでいいのだが。
谷川賢作の音楽が興味深い働きをしている。

P.S. 僕が編集の講義をしている「京都造形芸術大学」映画学科の学生とプロの映画監督が共同で制作する「北白川派」と言うプロジェクトの第3弾です。
公開は来年ですがよろしくお願いします。
「北白川派」第2弾である高橋伴明監督『MADE IN JAPAN こらッ!』は渋谷「ユーロスペース」で10月1日から公開です。
こちらもぜひよろしくお願いします。
by costellotone | 2011-09-26 06:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)

My Attitude Toward The Movies

とりあえずToDo
a0091515_8533681.jpg


① 山本起也監督『カミハテ商店』の編集シートの完成。
② 「編集理論ⅢB」用の短編映画の再編集。
③ 宝塚大での特別講義の要点のまとめ。
④ 山川直人監督『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』のシナリオをIndesignへ流し込む。
by costellotone | 2011-09-25 09:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

私たちは出来ない理由は探しません。出来る理由を見つけます。

a0091515_4332831.jpg10月4日(火)深夜0時55分からフジテレビ『世界は言葉でできている』スタート。

「あなたが私を愛してから私はどれだけ価値のあるものになった事だろう」
とかね。

by costellotone | 2011-09-25 04:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)