<   2014年 01月 ( 55 )   > この月の画像一覧

Hang On In

ムンクを模写していると不穏なものに包まれる。
a0091515_17382349.jpg


不埒な気分に襲われる。
a0091515_17394331.jpg


by costellotone | 2014-01-30 17:39 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

明日来るひと

a0091515_1394418.jpg


さっき本を読みながらうたた寝した時に夢を見て、何度も見る同じ夢なのだけど、
武蔵小金井辺りから国立の家に歩いて帰る途中に道が解らなくなって迷うと言う内容。
以前は夜だったけど今回は昼間だった。
線路沿いに歩いていたら突然線路が途切れてしまって道を探していた。
電車は走ってなかった。
東京に帰りたいと言う訳ではない。国立に住んでいる頃から見ていた夢。
by costellotone | 2014-01-30 01:44 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

Silent Alarm

a0091515_792449.jpg


一昨日、昨日と卒制の合評でした。
今日は来期卒制の公開企画討論会です。
by costellotone | 2014-01-29 07:14 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

この世の星を花という。

a0091515_902819.jpg


by costellotone | 2014-01-28 09:00 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

あめなる花をほしと云い

007
a0091515_1311738.jpg宮沢賢治 『新編 銀河鉄道の夜』  (新潮文庫)

多分これを読むのは三度目だがこのひとは苦手である。その純粋さや犠牲的精神、求道的な処が鼻につく。それでも今回読んだのは読書会の課題図書だったから。
でもユーモラスさが前面に出ている「オッペルと象」「猫の事務所」「北守将軍と三人兄弟の医者」「飢餓問答」などは残酷さもあって未だ読める。
「銀河鉄道の夜」などの美しさや切なさは当然感じられるのだが認めたくない自分を認めたいのだ。
「ビジテリアン大祭」は嫌味かと思ってしまう。

by costellotone | 2014-01-28 01:40 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Fast Flight

a0091515_20164073.jpg


by costellotone | 2014-01-26 20:18 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

雪を蹴り

a0091515_20121860.jpg夕食は牛肉とごぼうの柳川風。

今日は一日中論文や脚本や企画書を読んでいました。

by costellotone | 2014-01-26 20:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Couture

とても久しぶりに針仕事。
a0091515_9265246.jpg


大学をやめたら家政夫になりたいのだが。
by costellotone | 2014-01-26 09:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

巴里

a0091515_8535268.jpg


by costellotone | 2014-01-26 08:53 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

いつか風になって

a0091515_22122240.jpg


a0091515_22135312.jpg


by costellotone | 2014-01-24 22:14 | 絵画 | Trackback | Comments(0)