<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

あたしだって

023
a0091515_20545825.jpg池広一夫監督 『雁』 1966 大映
若尾文子 小沢栄太郎 山本學 姿美千子 山岡久乃


時代劇を得意とする池広監督の珍しい文芸もの。(森鴎外原作)。
若尾はともかく人間味溢れる悪徳高利貸しを演じた小沢栄太郎がよかった。ただ単に善悪ではなくやり切れなさが双方にあるところがいい。
随所に演出の効果が見られたが時に過剰であって今は笑ってしまう。
上野池之端界隈の風景とセットも興味深かった。

by costellotone | 2014-03-31 21:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)

YMO

a0091515_10461432.jpg


by costellotone | 2014-03-30 10:47 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

幻の町

a0091515_10435751.jpg


by costellotone | 2014-03-30 10:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

佐助痛くはなかったか

025
a0091515_1544231.jpg『ちくま日本文学全集 谷崎潤一郎』 (ちくま文庫)

高校以来読んでなかった『春琴抄』を再読しようと思ったついでに他のも読んでみたのだが、『母を恋うる記』が抜群によかった。ちょっとつげ義春のような島尾敏雄のような日常とも夢とも解らない境目を彷徨う描写がぞくぞくと来る。夢と言えばそうなのだが、とても懐かしい感じに包まれるのが心地よい。
他に『刺青』『秘密』『友田と松永の話』『吉野葛』『文章読本 抄』を収録。
この文庫全集も全て読んでみたいな。

by costellotone | 2014-03-28 15:53 | 読書 | Trackback | Comments(0)

マダム・エドワルダ

3日間金沢にいて一枚しか撮らなかった。
a0091515_1014581.jpg


僕が参加した「こども映画教室」が行われた「21世紀美術館」の作品。
by costellotone | 2014-03-24 09:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

井戸に水はなく空を鳥は飛ばない

022
a0091515_21504428.jpgアンドレイ・タルコフスキー監督 『サクリファイス』 1986 スウェーデン・仏
エルランド・ヨセフソン スーザン・フリートウッド アラン・エドワール


タルコフスキー監督の遺作。
語られている内容よりもどう語られているかが問題なのだろう。
泣かない方がいいと思うのだが、あれだけ美術を緻密にするとそうなってしまうのだろうか。

by costellotone | 2014-03-17 21:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「あなたがたの心はとても邪悪です」と牧師の瞳も素敵な五月

024
a0091515_17325830.jpg穂村弘 山田航 『世界中が夕焼け 穂村弘の短歌の秘密』 (新潮社)

穂村の歌を山田が解説しそれに対して穂村がコメントするという形式。
歌や句、詩などを解説すると世界が狭くなって面白くないのだが、それに対して作者がそんな深いことを考えていたわけではない、とか、全く違うことを歌っているのだとか言うコメントを読むのは愉しいし、元歌もより楽しめるように作用する。
しかし穂村さんの歌ってやはりいい。
ー校庭の地ならし用のローラーに座れば世界中が夕焼け

by costellotone | 2014-03-17 17:40 | 読書 | Trackback | Comments(0)

数限りなく今日もまた

a0091515_16462720.jpg今日は一日中空いたので料理三昧。
カポナータとロールキャベツを作る。
お客さん来ないかな。

by costellotone | 2014-03-17 16:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

七色の谷を越えて流れて行く風のリボン

卒業式。
a0091515_5255321.jpg


ひとりひとり長生きできますように。
by costellotone | 2014-03-16 05:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

8823海底人8823謎の人

a0091515_7405488.jpg


by costellotone | 2014-03-14 07:41 | 絵画 | Trackback | Comments(0)