<   2014年 04月 ( 45 )   > この月の画像一覧

泥棒日記

031
a0091515_2123119.jpgジャン・コクトー監督 『詩人の血』 1930 仏
リー・ミラー ポリーヌ・カルトン エンリケ・リベロ


ルイス・ブニュエル監督『アンダルシアの犬』と双璧とされているが甲乙つけ難いのだがこちらの方が少し固い。あちらの方がエロティックで茶目っ気がある。
カメラ的にはこちらの方が美しいし、主人公も魅力的。特に廊下の壁づたいにつかまって歩くシークエンスはかわいい。
80年以上前の作品に負けてしまう映画学科のことを思うと情けない。

by costellotone | 2014-04-30 21:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Moonlight Shadow

a0091515_13575522.jpg


by costellotone | 2014-04-30 13:57 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

Story of My Life

来期から大学で教える編集のソフトをFinal Cut ProからAdobe Premiereに変更するので学習している最中。
a0091515_13544881.jpg


どんなソフトも弄り倒して覚えるのが一番早い。
by costellotone | 2014-04-30 13:56 | パソコン | Trackback | Comments(0)

宇宙を横切る

035
a0091515_5251394.jpg大崎善生 『パイロットフィッシュ』 (角川文庫)

著者の『聖の青春』と『将棋の子』は確かにおもしろかった。
これは青春小説、恋愛小説として評価が高いようだが何か何処かがピントがずれている気がする。「今、自分にある感性も実は過去の感性の記憶の集合体ではないか」と言う核の部分がどうも解らない。歳をとるとどうも自分勝手に記憶を歪めてしまい、過去にあったこともなかったことも都合よく書き換えてしまうので妙な自分が出来ていると言う実感あるのだがこれもまた過去の感性の記憶なのだろうか。記憶自体が偏って薄まっているからグラデーションもキュビズムのよう。

by costellotone | 2014-04-30 05:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ドキュメンタリー映画の地平

030
a0091515_23574679.jpg想田和弘監督 『演劇』特典ディスク 2012
平田オリザ 青年団 深田晃司 古舘寛治 本広克行


『演劇』1と2で合計5時間42分あるのにこの特典映像も3時間あった。
でも本編同様やはりおもしろい。
ゲストの監督たちとの対談よりもロボット演劇の参考にした文楽の未公開シーンが一番興味深かった。いつか人間とロボットとアンドロイドと文楽が共演する演劇が観てみたい。

by costellotone | 2014-04-30 00:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

プッタネスカ

a0091515_15584259.jpg


a0091515_1603471.jpg


by costellotone | 2014-04-29 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

おこりんぼ

a0091515_15541010.jpgお昼はベーコン入りのアラビアータ。
もうちょっと辛くてもよかった。

by costellotone | 2014-04-29 15:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

青い片目のロッテ

029
a0091515_1535512.jpgジャン・ルノワール監督 『大いなる幻影』 1937 仏
ジャン・ギャバン ピエール・フレネー エリッヒ・フォン・シュトロハイム


『ピクニック』を観るついでに借りて来たのだが今更と言う感じしかしない。
もちろん作品がではなく今の自分にとってだが、それでも楽しめるのはさすが。

by costellotone | 2014-04-29 15:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

カルメーラ議員の失踪

a0091515_1256611.jpg


by costellotone | 2014-04-28 12:56 | 絵画 | Trackback | Comments(0)

焼き鳥ホームレス

久し振りにMacBookProを開いたら3月に参加した「金沢子供映画教室」で作ったビデオがあった。
a0091515_10173890.jpg


とても懐かしい。
この1か月は色々なことがあってとても忙しかったようだ。
by costellotone | 2014-04-28 10:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)