タグ:レコード棚から ( 34 ) タグの人気記事

レコード棚から-24

サザンオールスターズ - 熱い胸さわぎ(1978)

a0091515_14124035.jpg

 僕が小学校に入学したのは1960年だった。
 1960年、水原弘「黒い花びら」、西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」。1961年、島倉千代子「恋しているんだもん」。1962年、ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」、橋幸夫・吉永小百合「いつでも夢を」。1963年、ザ・ピーナッツ「若い季節」、坂本九「見上げてごらん夜の星を」。1964年、都はるみ「アンコ椿は恋の花」、薗まり「何も言わないで」。1965年、和田弘とマヒナスターズ・田代美代子「愛して愛して愛しちゃったのよ」、菅原洋一「知りたくないの」。1966年、黒沢明とロス・プリモス「ラブユー東京」、西郷輝彦「星のフラメンコ」、青江三奈「恍惚のブルース」。1967年、中村晃子「虹色の湖」、荒木一郎「いとしのマックス」…。
 1965年、ベンチャーズ「ダイアモンド・ヘッド」、ビーチ・ボーイズ「カリフォルニア・ガールズ」。1966年、ホリーズ「バス・ストップ」。1967年、「モンキーズのテーマ」、スコット・マッケンジー「花のサンフランシスコ」。1968年、1910フルーツガム・カンパニー「サイモン・セッズ」、ステッペン・ウルフ「ワイルドで行こう!」。1969年、クリフ・リチャード「しあわせの朝」、ホセ・フェリシアーノ「雨のささやき」。1970年、ショッキング・ブルー「ヴィーナス」、B.J.トーマス「雨にぬれても」…。
 そしてこれらの中にビートルズと加山雄三とグループ・サウンズが入り乱れて流れていた。
 アンテナ線をカーテン・レールにくっつけてチューニングをしながら雑音だらけのラジオを聴いていた。FM放送は始まったばかり。小さなネジ式の器具を文字盤に止めて時間設定をするオーディオ・タイマーで、オープン・リール・テープに録音した。
 テレビには木製の観音開きの扉が付いていて、床の間や仏壇の横に置かれていた。
 「明星」や「平凡」の付録の歌本を親戚のおねえさんから貰って歌詞を憶えては歌っていた。買った洋楽のレコードの歌詞を、辞書を片手に一生懸命に訳した。
 「S盤アワー」、「アメリカントップ40」、「ナベサダとジャズ」、「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」、「サウンド・オブ・ポップス」、「軽音楽をあなたに」、「日立・ミュージック・イン・ハイフォニック」、「バイタリス・フォーク・ビレッジ」、「ジェットストリーム」、「ダイヤル・リクエスト」、「Sound with Coke」…。
 「ザ・ヒット・パレード」、「勝ち抜きエレキ合戦」、「ザ・モンキーズ・ショー」、「シャボン玉ホリデー」、「ロッテ歌のアルバム」、「ヤング720」、「夜のヒット・スタジオ」、「ベスト・ヒット・USA」、…。
 初めてサザンをテレビで観たのは『ザ・ベストテン』で、桑田佳祐が短パン姿で「勝手にシンドバッド」を絶叫していた。すぐにこのLPを買ってカセットに録音し、仕事場で流しっぱなしにしてひんしゅくを買った。とにかくその時点で初めて同世代の音楽を獲得した気がした。
 このアルバムの最後に収録されている「今宵あなたに」が好きだった。「寄る年波に恥じらいさえも忘れそうなほど 凍てついた夜に間違いさえも起こしそうな恋」と言う歌詞が妙にしっくりと理解出来たし、「あなた悲しや天ぷら屋 だけども 素肌負けないでBaby」も何故か理解出来た。
 
 あれから30年が過ぎようとしている今、FM「Nack5」の小林克也『ファンキー・フライデー』を楽しみに聴いている。(もちろん今日も。)ノラ・ジョーンズの後にモー娘がかかり、その後で八代亜紀の「あぶったイカがいい」と続く世界はもろ桑田佳祐。

P.S. 最近出版された中山泰樹『クワタを聴け!』を読んでいるところです。「怒涛の全曲批評!!」ですゼ。
by costellotone | 2007-03-16 14:29 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-23

David Bowie - Low (1977)

a0091515_11223026.jpg

 もしかしたら今のロック・キッズたちはデヴィッド・ボウイと言うカリスマ性を持ったアーティストがいたことなんて知らないのかも知れない。たまにテレビでやるヴィンテージなビデオ特集でちらりと観るだけで。
 1960年代後半にイギリスでデビューしたボウイは最初からミュージシャンではなくアーティストだった。今ではアーティストなんて陳腐な代名詞になり下がってしまったけれども、その頃の音楽界にはボウイ以外には当てはまるミュージシャンはいなかった。化粧をし、バイ・セクシャルを装い、、ヒールの高い靴を履き、「地球に落ちてきた男」を演じた。
 簡単に言えば、そう、ボウイこそが「ビジュアル系」のトップ・ランナーだったのだろう。
 彼の1番の特徴はプロデュースの能力があったことだろう。デビューした時からずっと自分を変容させて行くことに長けていて、常に新しいコンセプトを持つアルバムを作り続けた。
 1970年前半はグラム・ロッカー「ジギー」としてのキャラクターを作り上げ演じ、そこからの脱却としてアメリカン・ミュージックへ傾倒する。ここで薬物中毒となるや、次はヨーロッパ大陸へ隠遁し、このアルバム『ロウ』を始めとする「ベルリン三部作」をブライアン・イーノと共に、孤高の精神を持って製作した。
 オープニングの「スピード・オブ・ライフ」や「サウンド・アンド・ヴィジョン」など明確にロックな楽曲が流れてはいるが、途中から全体がアンビエントな方向へ傾斜し始め、ついには歌さえもなくなってインストゥルメンタルが続き出す。はたして後半はシンセを多用したイーノのジャーマン・テクノの暗く重く冷たく沈む世界。(考えようによってはこちらの世界もかなり中毒的ではないか。)全ての曲でシンセ、ギター、ドラム、ベース、キーボード、パーカッションなどが有機的に機能し、「タンジェリン・ドリーム」や「ソフト・マシーン」では成し遂げられなかった、無機質的でありながらも未来への展望を持ったアルバムが完成された。(このことで薬物中毒からの脱却が止揚されたのだろう。)
 「壊れた鏡」、「いつも同じ車で」、 「サブタレニアンズ」等名曲が並ぶが、やはりボウイの声がとてもいい。
 ここで作り上げられたコンセプトが次世代のニュー・ウェーブ、ニュー・ロマンティックス、エレ・ポップへ受け継がれて行くことになる。
 それにしてもボウイは出すアルバム全てが傑作と言う時期があって、僕等の世代のロック好きたちは全ての曲を聴いた。『スペース・オディティ』、『ジギー・スターダスト』、『ダイヤモンドの犬』、『ヤング・アメリカン』、『ステイション・トゥ・ステイション』、『ロウ』、『ヒーローズ』、『ロジャー』、『スケアリー・モンスターズ』、『レッツ・ダンス』、『トゥナイト』などなど。
 そんな彼でも忘れ去られるのだ。

P.S.1 初めてレコード・ジャケットを見た時から思っているのだが、ボウイの顔の向きが逆ではないかと言うこと。しかし左側を向いている顔を想像してもどうもしっくりこない、何か妙にひっかかるのだ。
P.S.2 映画俳優として記憶に残るのかも。『ジャスト・ア・ジゴロ』や『戦場のメリー・クリスマス』、『ラビリンス/魔王の迷宮』などで。『ハンガー』もよかった。
by costellotone | 2007-02-25 12:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-22

荒井由実 - ひこうき雲 (1973)

a0091515_1304598.jpg


 「白い坂道が空まで続いていた」で始まる「ひこうき雲」の言葉たちを聴いた時にはすでにこころは上空へ羽ばたいていた。
 高石友也、岡林信康、高田渡等から始まった日本のフォーク・ソングの流れは、暗くて貧しい生活から歌われる世界や、高度経済成長を続ける現実と「70年安保」に象徴される政治状況へのプロテストがほとんどで、「かぐや姫」が歌った「神田川」からは「四畳半フォーク」と名付けられた私小説的な音楽が主流となり、吉田拓郎、泉谷しげる、井上陽水等が跋扈していた。
 そして満を持してのユーミンの登場であった。どんなにその詞と曲と声に驚いたことか。まるで丘の上の西洋屋敷の窓辺のお嬢様が憧憬する別世界のようだった。(実際のユーミンは八王子の老舗の呉服屋のお嬢さんだったけど。)
 それまでのテレビやラジオから聴こえてくる女性歌手(歌謡曲や演歌)の作られた声とはまるで違っていた。そう、隣りのクラスのかわいい女の子が歌っているような。
 全面的にアルバムを支えたのが「はっぴいえんど」解散後の細野晴臣、鈴木茂と、林立夫、松任谷正隆等による「キャラメル・ママ」で、卓越したセンスと遊び心あるウェスト・コースト・サウンドを作り出した。
 「死」、「天使」、「輝き」、「永遠」などの言葉をちりばめた詞は、収束して行く激動の時代からの現実逃避を含めた、絵に描かれたようなおとぎ話の世界で、アメリカのテレビ・ドラマのような憧れのテイストがまぶされていた。「ベルベット・イースター」、「空と海の輝きに向けて」、「紙ヒコーキ」、「雨の町を」など、この年齢の彼女にしか表せない世界だった。
 「ニュー・ミュージック」が誕生した瞬間でした。
 僕は19歳で、春が始まる頃、女の子の部屋で、夕暮れで、「紀ノ国屋」で買った、その頃未だ珍しかったハーブ・ティーを飲みながら聴いていた。

 P.S. いろんなひとが歌っているけど、aikoが歌った「ひこうき雲」が好きです。
by costellotone | 2007-02-20 13:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-21

Bob Dylan - Desire (1975)

a0091515_13592888.jpg

 ボブ・ディラン20作目(?)のアルバム『欲望』。
 興味のない音楽は全て同じように聴こえてあまり区別が出来ないものだが、このアルバム以前のディランの曲が僕にとってはそうだった。傑作と言われた『追憶のハイウェイ61』や『ブロンド・オン・ブロンド』を聴いても、何がいいのかさっぱり解らなかった。単調なギターとだみ声で喋るように歌う曲がみんな同じに聴こえていたのだった。
 しばらくの間ディランからは離れ、もっぱらサイモン&ガーファンクルとニール・ヤング、また日本の「はっぴいえんど」などに熱中していたのだが、「ハリケーン」がラジオから聴こえてきた時に、これは誰だ!と立ち上がった。もちろん特徴のある声を忘れる訳はなかったのだが、別の新しい歌手と出会ったかのようだった。
 全曲すばらしかった。今までにはなかったような歌の力がひしひしと感じられた。楽曲もとてもメリハリがあり、しかもタイトで、これまで無名だったらしいスカーレット・リベラの泣きのヴァイオリン(フィドル)とハワード・ワイエスのドラムがディランをしっかりと支えていた。加えてエミール・ハリスのコーラス。特に「コーヒーもう一杯」ではディランと絶妙の掛け合いを聴かせる。
 もう1つ加えて、このアルバムでは大半の詩をジャック・レヴィと共作している。(この人はオフ・ブロードウェイの『オー!カルカッタ!』の演出家らしい。)
 こうして今までにない体制でツアー中に録音されたこのアルバムはヒットし、この後の『ザ・ローリング・サンダー・レヴュー』、『激しい雨』も好評だった。しかしその後ディランは宗教色を強めて行く。
 アレン・キンズバーグのライナー・ノーツがレコードの紙袋に印刷されていた。
 僕は21歳になったばかりだった。
 今ではこのアルバムよりも以前の方を多く聴くようになっている。
by costellotone | 2007-02-11 14:54 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-20

Miles Davis - E.S.P. (1965)

a0091515_14484065.jpg

 マイルスのグループにショーターが参加したスタジオ録音の1作目がこの『E.S.P.』で、いわゆる「黄金のクインテット」の助走。
 マイルスは静寂の宇宙に音を放ち、切り裂き、他のメンバーがヤタラメッタラ援護射撃と言うか乱射している風に聴こえて来る。そう、5人で星の彼方へ船に乗ったマイルスを運んでいるかのよう。このアルバムがスウィングからファンクへ移行するエレクトリックな『ビッチェズ・ブリュー』へと続く出発点となったことは間違いないだろう。つまりショーターはパイロットです。
 ショーターと言う人は不思議で、この人が入ると音楽は俄然膨張してアメーバのように動き廻り始める。かと言ってマイルスの世界が破裂するとか破綻をきたすとかはなくて、身勝手な振る舞いに見える時も多々あるが、それなりにうまくまとまって流れて行く。アメーバが自分の皮を自ら破らない程度にエネルギーを活性化させるのがショーターで、マイルスはそう言うコンポーザーとしての彼を望んだのだろう。しかしショーターは自身のアルバムで黒魔術をテーマにしているように、このアルバムでもスリリングでダークな空気がまとわりついているのが感じられる。
 マイルスとショーターだけでなく、トニー・ウィリアムス、ロン・カーター、ハービー・ハンコック、みんなとてつもないモチベーションで新しい世界へ突っ込んで行く気概がひしひしと感じられる。ところでこの時トニーは何歳だったの?二十歳になっていたのかな。もうこれしかないと言うドラムです。
 マイルスの曲の中で1番好きなのは1964年の「マイ・ファニー・バレンタイン」だけれど、あれは半分はミラクルなハービーのものだったね。
by costellotone | 2007-01-29 15:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-19

Glenn Gould (グレン・グールド)- Bach - The Goldberg Variations (1981)

a0091515_14221799.jpg


 グールドがバッハの『ゴールドベルグ変奏曲』でデビューしたのが1955年で、このアルバムは26年後に再録音した盤です。
 小さい頃に8年程ピアノを習っていましたが全くうまくはなりませんでした。けれどもそのおかげで少しは音楽を聴く耳を持てたのかと思ってはいます。ピアニストで誰が好きかと訊かれればやはりグールドと答えるでしょう。
 最初にグールドのバッハを聴いたのは当然1955年盤で、これまでに聴いて来た音楽が全て空の彼方へ投げ飛ばされてしまったような驚きでした。これがバッハかと疑いましたし、もう圧倒されっぱなしで、これが音楽と言う表現なのだ!と思い知らされました。しかしその後この新録音を初めて聴いた時に、再び、これが音楽なのだ!と、幸せにも思い知らされました。そう、グールドを聴くことは至福です。
 旧録かこの新録かどちらが好きかよく意見が分かれますが、優柔不断な僕はどちらも好きです。けれども日常的に聴くとしたらこちらです。なんせ旧盤は聴く方にも緊張感を強いりますし、体調が万全、精神的にも気合が入っていないと聴けません。(それでは一生聴けないじゃないか。)実際旧盤を聴いた回数はとても少ないと思います。
 映画『羊たちの沈黙』のレクター博士も推薦していましたね。
by costellotone | 2007-01-17 14:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-18

岡林信康-見るまえに跳べ (1970)

a0091515_13125152.jpg


 高校1年の学校帰り、駅を出ると5,6人が車座になっているのが眼にとまって近づいて行くと、真ん中にいた見栄えのしない男がギターを弾きながら歌い出した。初めて耳にする、今までに聴いたことのない、とても変った歌だった。今でこそ駅前でギターを持って歌うストリート・ライブなど何処でも見ることが出来るが、その当時人前でギターを弾きながら歌う人間など見たことがなかった。その男が岡林信康だった。がむしゃらに、かつ朴訥に歌っていたのが『ガイコツの歌』、『くそくらえ節』で、そのあけすけな歌詞に驚いた。それまではテレビやラジオから流れて来る歌謡曲や外国のポップスしか知らなかった。それらの聴きやすいメロディーと着飾った歌詞に比べて、ストレートな歌詞と単調な曲調ではあるが、何か惹かれる処のある彼の歌が強烈に記憶に残っていて、後日ラジオから流れて来た時にすぐに想い出したのだった。
 『私を断罪せよ』(1969)と言うアルバムを出して歌が売れ、名前も売れて来た岡林がデビューアルバム発売寸前の「はっぴいえんど」をバックに録音されたアルバムが『見るまえに跳べ』でした。
 このアルバムには「フォークの神様」、「日本のボブ・ディラン」ともてはやされた彼の葛藤と、そのプレッシャーを乗り越えようとしている意思が強く現れています。それまでの日本の音楽でここまで現在形で等身大の自分自身を表現した人間はいなかっただろうと思います。「からっぽの世界」で知られる「ジャックス」の早川義男のプロデュースで、デビュー・アルバム発売直前の「はっぴいえんど」の音にも助けられダイレクトで、吹っ切れた歌が聴こえて来ます。
by costellotone | 2007-01-10 13:32 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-17

Bill Evans Trio-Waltz for Debby (1961)
Bill Evans-At The Montreux Jazz Festival (1968)
Bill Evans with Jeremy Steig-What's New (1969)

a0091515_1501885.jpg


ビル・エヴァンスを聴くようになったのは、高校1年の時に好きになった女の子が貸してくれたから。
誰でもそんなものだろう。
彼女が貸してくれたのが上の3枚のLPだった。
1度だけレコードに針を落としただけで、傷つけるのが怖くて返した。後日お金を貯めて購入した。
ビル・エヴァンスと言えばやはりリリシズムで、それまで聴いていたジャズがとて雑に思えてしまった。
『ワルツ・フォー・デビー』は何と言っても音楽の隙間に聴こえてくるクラブのノイズ。客たちの笑い声やグラスの触れ合う音などが、エヴァンスのピアノ・タッチをやさしく包み込んでいます。もちろんラファロのベースが歌っています。
『お城のエヴァンス』は最初のフランス語のイントロデュースが印象的。ドラムのデジョネットのせいかここでのエヴァンスは力強く走っています。エディ・ゴメスのベースも好きです。
『ホワッツ・ニュー』を聴いて初めてジェレミー・スタイグと言うフルート奏者を知り、その演奏スタイルにとても驚かされました。息づかいのかすれた音がとてもエロティックです。ここでのエヴァンスも力技で表現しています。

1980年、僕がニューヨークにいた9月に亡くなってしまいました。
by costellotone | 2006-12-27 15:55 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-16

Kと云ふイニシャルだったね。

あがた森魚-噫無情(レ・ミゼラブル) (1974)

a0091515_13433243.jpg



林静一の描く漫画『赤色エレジー』を主題にした同名の歌がヒットし、アルバム『乙女の儚夢』が出されたのが1972年だった。『君はハートのクイーンだよ』、『冬のサナトリウム』と言う名曲が入っている。
その後レコーディングされたのがこの『噫無情(レ・ミゼラブル)』で、プロデューサー兼ディレクターを『はっぴいえんど』の松本隆が務めていて、「時代ロマン」の構築と言う明確なコンセプトを持たせている。あがたと松本の共同確信犯的な、言葉と音と、レコードの美術の細部にわたるディレクションが成功している。
『赤色エレジー』の泣いているような歌声を好きになれなかったのだが、こちらの『永遠のマドンナK』や『最后のダンスステップ(昭和柔侠伝の唄)』にはこころ踊らされました。
当時『新宿ATG』の地下にあった『蠍座』に、あがたが監督した映画『僕は天使ぢゃないよ』を観に行った記憶があるが、内容は全く覚えていない。
by costellotone | 2006-12-20 14:56 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レコード棚から-15

Hello, Cowgirl in the sand.

Neil Young (ニール・ヤング)with Crazy Horse-Everybody Knows This Is Nowhere (1969)

a0091515_13104972.jpg


当時話題となっていたのはボブ・ディランで、僕も『ナッシュヴィル・スカイライン』を聴いてみたのだが、何がいいのかさっぱり解らなかった。
その後出会ったのがC.S.N.&Y.の『フォー・ウェイ・ストリート』で、こちらはすぐに気に入り、『カウガール・イン・ザ・サンド』が入ったこのLPを買ったのだった。
印象的な声質と荒削りなギターが妙に長く続く。乱暴なようで優しさが残る。骨太と繊細さが同居しているのだ。
30年以上経っても同じスタイルで歌い続けている。今年は反ブッシュ・反戦の姿勢を明確に出した『リヴィング・ウィズ・ウォー』をリリース。
つい先日1970年「フィルモア・イースト」でのクレイジー・ホースとのライブ盤が出た。ここで『カウガール・イン・ザ・サンド』を16分演奏しているらしい。早く聴きたい。
ちなみに賛否両論分かれた『グリーンデイル』は大好きです。
by costellotone | 2006-12-10 13:50 | 音楽 | Trackback | Comments(0)