タグ:今日の料理 ( 143 ) タグの人気記事

今日の料理 黒ゴマのおはぎ

黒ゴマのおはぎ

a0091515_20171685.jpg


a0091515_20175513.jpg
① 小豆150gを洗い3倍の水(450㏄)に一晩浸けておく。
② 圧力鍋に①をつけ汁ごと入れ、加熱時間7分で自然放置する。
③ 蓋をあけ、砂糖120gと塩ひとつまみを加え火にかけてつぶしながら照りが出るまで練る。
④ 出来た粒あんはボールに移し冷まし、圧力鍋は洗っておく。
⑤ もち米3カップを研いでざるに上げ30分おく。
⑥ 圧力鍋に⑤のもち米と水2+3/4カップを入れて加熱時間3分で自然放置する。
⑦ 黒ゴマ80gを小鍋で炒ってすり鉢ですってパットにあけておく。
⑧ もち米が炊けたらすりこぎで粗くつぶし15等分(約70g)にしておく。粒あんも15等分(約30g)にしておく。
⑨ 大きなボールに塩水を作り、掌を濡らしてからもち米を広げて粒あんを包み込む。
⑩ バットに広げた黒ゴマの上に転がして丸める。

※ 圧力鍋を使った方法ですがメーカーによって多少時間が変わると思います。
※ 小豆の吸水時間がない場合は加熱時間を15分にする。
※ あんこを練る時に多少柔かくても冷めると固まる。(急ぐ時は冷蔵庫へ)
※ あんこで包むおはぎを作る場合は小豆の量を200gにする。
※ きな粉の場合は少量の砂糖と塩をほんのちょっと加えて。
by costellotone | 2013-03-08 20:43 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 チキン南蛮

チキン南蛮

土曜日に観た日テレ「満天★青空レストラン」で紹介されていたのでマネしてみた。
宮崎県の名物で本来は胸肉で作る。
a0091515_754556.jpg

a0091515_7542789.jpg
① 卵3個を固茹でし細かく刻んで、マヨネーズ適量と塩・こしょうをして混ぜタルタル・ソースを作っておく。
② 鶏もも肉2枚を一口大に切り、酒大1を揉み込んで10分ぐらいおく。
③ 小鍋に醤油大5、酢大5、砂糖大5、ケチャップ大1を入れひと煮立ちし甘酢を作る。
④ ②の鶏肉に小麦粉をまぶしてはたき、溶き卵(2個+水大1)につけ油であげる。
⑤ 色よく揚がったら熱いうちに③の甘酢にまんべんなく漬け、10秒ほどしたらあげて甘酢を切る。
⑥ 皿に盛り、①のタルタル・ソースを添える。

※ 鳥は胸肉でもささみでもよいが、火を通し過ぎてぱさぱさにならないように気をつける。
※ タルタル・ソースにはピクルス、玉ねぎ、パセリのみじん切りを加えたり、ケチャップをほんのちょっと混ぜたりするとよい。他にゴマ・ドレッシングや生クリームやレモン汁を入れても。
※ 甘酢には唐辛子の小口切り少々を加えても。
※ 今回は黒酢を使った。
※ 冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもよい。
by costellotone | 2012-04-02 07:58 | 料理 | Trackback | Comments(0)

Inside Out

a0091515_940465.jpgこの冬初めて「鶏肉団子と白菜、春雨の煮込み」を作る。

今回の鶏肉団子はうまく出来たので材料を書いておく。
 鶏ひき肉         300g
 卵             1個
 卵白            1個分
 長ねぎのみじん切り   1本分
 生姜をおろしたもの   小匙1
 酒・醤油・片栗粉     各大匙1
 塩・こしょう        少々

by costellotone | 2012-02-09 09:56 | 日記 | Trackback | Comments(2)

今日の料理 ポーク・ソテー、りんごのソース

ポーク・ソテー、りんごのソース

a0091515_1465513.jpg

a0091515_1472947.jpg
① りんご1個と玉ねぎ1/2個をすりおろし、にんにくとしょうが各大1分もすりおろす。
② ①を小さな鍋に入れ火にかける。
③ 赤ワイン50㏄、醤油大1、みりん大1を加え5分ほど煮詰め、最後にレモン汁少々も加えて火を止める。
④ ソテー用の豚ロース4枚は筋を切り、包丁を立て数か所刺す。
⑤ ④に塩こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。
⑥ フライパンに油をひき余分な粉を落とした⑤を焼き目が出来るくらいまで焼く。
⑦ 皿に盛り、③をのせる。

※ 白ワインでも。
※ 今日は「チーズのミルフィーユ焼き」も作った。これはTV『ウチゴハン』のレシピ。 「過去レシピ」の2011.08.07 O.A #203です。
※ 細いアスパラガスをさっと茹でただけのものをあしらった。
by costellotone | 2011-09-18 01:52 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 夏の三品

「豚冷しゃぶの和え物」「トマトとしそのマリネ」「なすとみょうがの即席漬け」
a0091515_11411511.jpg

a0091515_11413352.jpg
★ 豚冷しゃぶの和え物
① 小さなボウルに醤油大1、ごま油大1、酢大1/2、砂糖小1、こしょう少々を混ぜ合わせておく。
② 鍋にお湯を沸かし酒大1と塩少々を入れ、しゃぶしゃぶ用の豚肉200gを一枚ずづ広げてさっと湯がく
③ 豚肉の色が変わったらざるに取り軽く洗う。
④ 5㎜ほどの細切りにし冷蔵庫で冷やす。
⑤ 長ねぎ1/2本を長さ4㎝ほどに切ってから縦半分に切り千切りにし水に放つ。
⑥ 食べる時に④の豚肉と①をあえて器に盛り、水を切った⑤の長ねぎをのせる。

※ ゴマ油でなくてサラダ油でも。
※ 豚ロースの薄切りでもよい。
※ 長ねぎの代わりにかいわれ大根でも。

★ トマトとしそのマリネ
① ボウルにオリーブオイル大1、酢第1、醤油小1、砂糖ひとつまみと塩こしょう少々を混ぜ合わせておく。
② トマト3個はへたをとり八つ切りぐらいに切って①のボウルに加える。
③ しそ2,3枚は軸を落としてくるくると巻いてから細切りにする。
④ ③のしそもボウルに加え全体を軽く混ぜ合わせてから冷蔵庫で30分以上冷やす。

★ なすとみょうがの即席漬け
① なす3個は縦半分に切ってから2,3㎜の厚さの半月切りにする。
② ボールに移し塩大1/2をふって軽く混ぜて30分ほどおく。
③ みょうが2個は縦半分に切ってから斜め千切りにし水に放つ。
④ ②のなすをざるにとって水道水で塩を洗い落とす。
⑤ 水を切ったなすとやはり水を切ったみょうがを混ぜて器に盛る。

※ 多くはなすを塩もみするのですが、水で塩を落とすだけの方が食感も色も涼しげ。
by costellotone | 2011-08-20 11:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 麻婆茄子

麻婆茄子
a0091515_451629.jpg

a0091515_4514674.jpg
① なす6本は縦四つ割りにして油通ししておく。
② ピーマン2個のへたを落とし縦六つほどにに切っておく。
③ 中華鍋に油を熱し、にんにくとしょうが、長ねぎのみじん切り各大1を香りが立つまで炒める。
④ 豚挽き肉200gと豆板醤小2と甜麺醤大1.5を加えパラパラになるように炒める。
⑤ ②のピーマンを加えて2分ほど炒めてから①のなすも加える。
⑥ 醤油大2、砂糖小1、オイスターソース大1、酒大2、こしょう少々も加える。
⑦ 中華スープカップ1を注いで煮立たせる。
⑧ ごま油少々をふり、同量の水で溶いた片栗粉大1を廻し入れる。
⑨ 火を止め、皿に盛り、小口に切ったねぎ大1を散らす。

※ そう言えばたまに切ったなすを水にさらしてアクを抜くと書いてあるがやったことがない。
※ あれば仕上げに花椒(中国さんしょ)を挽いたものを散らす。
by costellotone | 2011-08-14 04:55 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 夏野菜と豚肉のオイスターソース炒め

夏野菜と豚肉のオイスターソース炒め
a0091515_853868.jpg

a0091515_805424.jpg
① ゴーヤ1本は縦半分に切り白いわたの部分をスプーンでほじって取る。
② 3㎜ほどの厚さでスライスして塩もみし水に放ち15分ほど置く。
③ フライパンに油をひきにんにくとしょうがのみじん切り各小1を炒める。
④ 長ねぎ1/2本分の斜め切りを加え、豚肩ロースの薄切りと水を切った②のゴーヤも加えて炒める。
⑤ 軽く塩こしょうをし、7㎜ほどの厚さに斜め切りにしたなす2本分を加える。
⑥ なすがしんなりしたらオイスターソース大2を廻し入れ、ざく切りにしたトマト2個分を加えて炒める。
⑦ トマトに火が通ったらゴマ油小1を廻し入れ軽く混ぜ合わせて火を止める。

※ ゴーヤは苦いのが苦手なひとは軽く湯がいておく。
※ 豚肉はバラでもコマでもよい。
※ 玉ねぎ、しめじ、ピーマンなどを加えても。
※ 先に卵2個でスクランブル・エッグを作っておき最後に戻し入れても。
by costellotone | 2011-08-07 08:06 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 白身魚のトマト椀

白身魚のトマト椀

これも京都でいただいたおばんざいですが当然本当は「鱧のトマト椀」です。
近くのスーパーでは鱧が売られていないので代わりに鯛の切り身で作ってみました。
a0091515_8392249.jpg

a0091515_8394264.jpg

① 水5カップを入れた鍋に昆布5㎝を10分ほど浸けておく。
② 中火にかけて沸騰する直前に昆布を取り出す。
③ 沸騰したら鰹節20gを入れ2分したら火を止め鰹節が底に沈むまで放置する。
④ ざるにキッチンペーパーを敷いて③を注ぎ軽く押さえてこす。
⑤ ④のだし汁を鍋に戻し酒大2と塩少々を加える。
⑥ 刺身用の鯛の切り身を一口大にそぎ鍋に入れて火にかける。
⑦ 切り身の色が変わったらあくをすくい、7㎜程にスライスしたトマト8枚を加える。
⑧ 一煮したら火を止め椀に注ぎミツバを浮かせる。

※ 刺身用の鯛の切り身でなくても白身魚なら何でも。もちろん骨切りして湯引きした鱧が入手出来ればそれに越したことはない。
※ 残った昆布と鰹節で2番だしを取って冷めたら冷蔵庫に保存し他に活用して下さい。
※ 魚もトマトも火を通し過ぎないようにする。
※ 浮き実はミツバの他にわけぎやあればゆずの皮など。今日はみょうがの千切りとわけぎです。
※ 鰯や鯵のつみれ汁にトマトのスライスを入れてもおいしいかも知れない。
by costellotone | 2011-08-05 08:43 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 賀茂なすの田楽

賀茂なすの田楽

京都でいただいたおばんざいのひとつ。
a0091515_823056.jpg

a0091515_8172053.jpg
① 赤味噌大4を小鍋に入れ酒大2、みりん大2、砂糖小1を加えて弱火にかけて練る。
② 味噌が溶け水分が飛んでぽってりしたら火を止める。
④ 賀茂なす1個の上下を切り落とし4等分に輪切りにする。
⑤ 火が通りやすいように爪楊枝でつつき隠し包丁も入れる。
⑥ フライパンに多めの油をひき④を両面に焦げ目がつくまで焼く。
⑦ なすの中心まで柔らかくなったら皿に移し②を塗る。
⑧ けしの実をふる。

※ 白味噌でも。
※ なすが厚くて火が通り難いようだったら、焦げ目がついた後で酒大3を注ぎ入れて蓋をして蒸し焼きにする。
※ けしの実の代わりに七味唐辛子やごまでも。
※ 今日は別に「青唐辛子味噌」も作ってみました。辛い!
※ 夏らしくきゅうりの塩もみとみょうがの千切りを添えて。
by costellotone | 2011-08-04 08:24 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今日の料理 イタリアン・ハンバーグ

イタリアン・ハンバーグ
a0091515_19274943.jpg

a0091515_19284051.jpg
① 玉ねぎ1個分のみじん切りをフライパンで色づくまで炒めて冷ます。
② 大きなボウルに合いびき肉600gを入れ塩小1弱を加えて捏ねる。
③ ②のボウルに①と卵1個、パン粉1/2カップ、牛乳1/2カップ、ケチャップ大2、こしょうとナツメグ少々を加えて捏ねる。
④ 適当な大きさに分けて丸め掌に叩きつけながら形を整える。
⑤ フライパンに油をひき④を中火で両面焦げ目がつくまで炒める。
⑥ ワイン1カップ注ぎ入れて蓋をして強火で蒸し焼きにする。
⑦ 水分がなくなったら火を止める。

※ ひき肉料理は全て先に塩だけで捏ねておくとおいしく出来る。
※ 捏ねる時間は短くても粘りが出たらOKです。
※ ひき肉は豚肉だけでも。
※ 牛乳の量が多くて最初は柔らかいですが捏ねているうちにまとまります。
※ ワインは赤白どちらでも。蒸し焼きにするだけなので安物で結構。
※ 大き過ぎて中心まで火が通ってないと心配な場合はさらに水を注いで蒸し焼きの時間を延ばす。
※ トマトソースは、玉ねぎ1・2個のみじん切りをオリーブオイルで炒めて、トマトホール1缶分を手でつぶして加え、オレガノ、バジル、塩・こしょうをし20分ほど弱火で煮る。
※ 今日は昨夜の残りの夏野菜を炒めてトマトソースに加え、とろけるチーズをのせてイタリア風にしてみました。
※ もちろんデミグラス・ソース(きのこ類を加えて)でもホワイト・ソース(ブラック・ペッパーを効かせて)でもカレーソースでも。
※ 最後にパセリをふる。(忘れてしまった!)
by costellotone | 2011-07-31 19:33 | 料理 | Trackback | Comments(0)