タグ:堰組 ( 20 ) タグの人気記事

Nishinari Cycling Boogie

堰組のMA。
a0091515_7592391.jpg


とりあえずこれで今回の堰監督との仕事は終わりです。
次は何処で会うのやら。
by costellotone | 2012-03-16 08:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

幾時代かがありまして茶色い戦争ありました

新宿CSWで堰組のカラコレのチェック。
a0091515_744505.jpg


a0091515_7451175.jpg


a0091515_7452493.jpg


a0091515_7454328.jpg


a0091515_746864.jpg


a0091515_74633100.jpg


a0091515_7464676.jpg


a0091515_747525.jpg


by costellotone | 2012-03-15 07:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

あの日飛び出した此の街と君が正しかったのにね

堰組の最終的な直しをする。
「雰囲気を作る仕様」を念頭に。
例えば下の画像のインターフェイスの右と左のウインドウの共通項を考えながら進めてゆく。
a0091515_8382566.jpg


その後でクイックタイムとOMFを書き出す。
監督に送るDVDも焼く。
by costellotone | 2012-03-02 08:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

後の世の人のために、あなたを防腐処理してもらいたいくらいだ

雪の中新宿CSWで堰組のオールラッシュ。
a0091515_7263114.jpg


今月24日から開催される『第4回沖縄国際映画祭』で上映されます。
題名は未だに(仮)ですが『REPAIR ~修理する人』です。
by costellotone | 2012-03-01 07:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雨の朝パリに死す

今朝も4時起き、6時から編集。
a0091515_6231034.jpg


「Repair」→「修理する人」?
by costellotone | 2012-02-07 06:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)

That's Why God Made The Movies

4時に起きて6時からドキュメンタリーの直しを始める。
こんな早朝から編集をする人間がいるだろうか。
a0091515_6123783.jpg


画角を揃えるためにリサイズしたのと、手ブレしているためにマスクがバカでかくなってしまった。
考えよう。
by costellotone | 2012-02-06 06:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

All I Need Is a Miracle

新宿CSWでドキュメンタリーの第3回編集ラッシュ。
a0091515_829368.jpg


題名は「Repair」になりそう。
by costellotone | 2012-02-05 08:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

One Way Out

ドキュメンタリーのエンド・ローリング・タイトルを試作する。
a0091515_810257.jpg


After Effectsの学習が間に合わないので今回はFCPのプリセットを使う。
今年はAvidの勉強もしなければならないし楽しいね。
by costellotone | 2012-02-04 08:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

何も足さない 何も引かない

ドキュメンタリーの第一回目の編集が終わったのでDVDに書き出す。
a0091515_8352191.jpg


この作業が5時間以上かかる。
大阪と京都へ送る。
by costellotone | 2012-01-21 08:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

私たちの望むものは

今回の作品ではInDesignで作ったカット表をPDFに書き出して使っているが、これがかなり有効だった。
a0091515_8335487.jpg


と言うのも今回のドキュメンタリーは行き当たりばったりの撮りっ放しと言う方法で撮影されており当然シーン・ナンバーやカット・ナンバーはない。撮り終った時点で通しナンバーをつけてリネイムして行っただけ。だから編集作業中に欲しいショットを探すのが大変なのだ。
カット表をプリントアウトした紙媒体でもペラペラめくりながら探すのは時間がかかる。
そこでPDFの検索機能を使う。
カット表にはそのカットの細かな要素や、バックに映っている小物、会話の中のキーワードなどを拾って書き込んであるから、例えば「ベアリング」の画が欲しい時は検索すれば一発で何処にあるか判明する。「ハーモニカ」について喋っていたのはどのカットかもすぐ解るのだ。
もちろんWordやExcelでなくInDesignでフォームを作ってあるから見やすい。
尚且つDTPソフトのInDesignよりもPDFの方が余計な表示がなくすっきりとして見やすい。

これからまたドキュメンタリーの仕事をする時には面倒だがやはりInDesignでカット表を作りPDFに書き出そう。
by costellotone | 2012-01-19 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)