瞳の中の訪問者

064
a0091515_8183488.jpgデヴィッド・リンチ監督 『ロスト・ハイウェイ』 1997 米
ビル・プルマン パトリシア・アークエット バルサザール・ゲティ


想定外のような、または理解困難な要素を次から次へと並べ観客に想像力を総動員させてつながせて行く。と言っても想定外ではないし理解不能でもない処がミソで何処までも観客はつないで行くことが出来る。それだから映画の愉しみを得られると言う仕組み。当然時にエロチックな、時にグロテスクなショットもインサートされるからハマってしまうのだ。
眼前には流れ去るライン。耳にデヴィッド・ボウイの声。腕の中にはヤバイ女。こうなったら何処へ行くのか解らなくてもいい。ドライブを愉しむのだ。夜のドライブを。

by costellotone | 2012-03-17 08:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://costello.exblog.jp/tb/14875331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「ネズミコドウ、参上」と義賊然... あたし、ただ、幸せになりたかっ... >>