私は女優よ

058
a0091515_23432868.jpg澤井信一郎監督 『Wの悲劇』 1984 東映
薬師丸ひろ子 世良公則 三田佳子 三田村邦彦 高木美保


このバブルの時代、角川映画、薬師丸ひろ子のマジックに浸かり切っていなければ何て嘘っぽい映画だと思われるだろう。余りに単純過ぎるストーリーとキャラクター。それを強引に成立させたのがバブルであり角川映画であり薬師丸ひろ子と言うこと。
みんな芝居が下手そうに見えてしまうのだが中でも一番は蜷川幸雄だ。このひとどんな映画に出演しても観ていられない。

by costellotone | 2014-06-21 23:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://costello.exblog.jp/tb/19923312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Village Voice ぜんぶ夜のせいだ。 >>