<   2010年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

最後の花火に今年もなったな何年経っても思い出してしまうな

a0091515_13145679.jpg


by costellotone | 2010-07-03 13:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Tammy,Tammy,Tammy's In Love

a0091515_1110786.jpg

by costellotone | 2010-07-03 09:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

忘れ得ぬ翼

a0091515_13254614.jpg

by costellotone | 2010-07-02 13:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

夢の砦


a0091515_11453240.jpg


by costellotone | 2010-07-02 09:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「ここだけの話、結構いいらしいんですよ」

056
a0091515_14562259.jpg小津安二郎監督 『秋刀魚の味』 1962 松竹
笠智衆 岩下志麻 中村伸郎 東野英治郎 岡田茉莉子 加東大介 杉村春子


20年ぶりぐらいで観たのだがやはり凄い映画だ。こんなにも練り込まれたセリフのやり取りやカット割りには驚くばかりでホンを作ると言うことの醍醐味を感じる。
ほんの少しあおったローアングルの切り返しに美学と言うよりも人間の矮小さ、滑稽さと共に人生の尊厳を表している。「魚偏に豊か」の料亭、支那ソバ屋の椅子で肩を落とす「瓢箪」と娘の杉村春子、岸田今日子のバーで「本日天気晴朗なれども浪高し」と海軍式敬礼をする加東大介、小気味よい岡田茉莉子のセリフ。娘が嫁いだ後の家の空間。ひとつひとつのセリフや仕草、挿入される情景カットに登場人物の性格や環境、個人史を凝縮させているからこそ描くことの出来るひとの寂しさ。加えてあまりに日本的な日常の中から卑猥なほどに性的な空気を醸し出すのもこの監督の表現だ。
小津の他の作品も観直してみたくなってしまったがどうしようかな。

by costellotone | 2010-07-01 15:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)